気ままな毎日

病と付き合いながら生きるログ

いまの状態について

知り合いから「継続して働くのが難しいなら生活保護を受けては?」と言われました。調べて役所に問い合わせたけど、条件に合うような暮らしをする必要があって、それは私の精神的な余裕に繋がらないので、その気がないことを伝えました。心身ともに健康になって、働いて、日々の楽しみを持ちながら生きていきたいです。

 

半年前まで全て一人で抱え込んで、妄想ばかりの日々を送っていたけど、アプリで知り合った人や職場の先輩、仕事つながりの人達と少しずつ話すうちに、現実感を取り戻しているので、関係性は回復の一環を担ってると実感しています。